応用事例

HOME >> 応用事例 >> 食品

食品分野におけるマイクロ波の応用事例

茶葉、胡麻の焙煎
一般的な焙煎工程が外部から熱が加わり内部へ伝導し昇温するのに比べ、
マイクロ波加熱では内部から発熱し昇温することで、
短時間での昇温が可能となり、一般的な焙煎工程とは一味ちがう製品が生まれます。

詳細はコチラをご覧下さい。
菓子、即席麵具材の膨化・乾燥
一般的な乾燥工程が外部から熱が加わり内部へ伝導し昇温するのに比べ、
マイクロ波加熱では内部から発熱し昇温することで、
短時間での昇温が可能となり、乾燥時間の短縮や、食品により
膨化反応が起こります。

詳細はコチラをご覧下さい。
食品材料の防黴・殺菌
モヤシの原料豆をマイクロ波と熱風及び蒸気を併用して
適度に加熱することにより、原料豆の細胞を生かしたまま表面に付着している黴菌などを殺菌することができます。

詳細はコチラをご覧下さい。
キャンディー、チョコレートの溶解
一般的な乾燥工程が外部から熱が加わり内部へ伝導し昇温するのに比べ、
マイクロ波加熱では内部から発熱し昇温することで、短時間での昇温が
可能となります。

詳細はコチラをご覧下さい。